HOME » 飲食店経営を成功に導くPOSレジ特集 » オーダー作業の効率アップ

オーダー作業の効率アップ

古いPOSレジは売上集計やレジ閉めが楽になりますが、ハンディ操作が難しくスタッフの評判はよくありません。しかし、近年のPOSレジはスマホやタブレットを用いて視覚的に分かりやすく進化しています!オーダーエントリーシステムを見直すなら今ですよ。

アルバイト初日でも使いこなせるオーダーエントリーシステム

オーダーエントリーシステムとは、飲食店で活用されている注文~お会計まで一連の流れを機械化し運用するシステムのこと。POSシステムや座席にある呼び出しボタンなどがこれに当たります。

機械化することでミスが減り効率が上がる、という代物ですが、飲食店で働いた経験がない人は特有の操作に慣れるまで、かなり時間を必要とします。

飲食店や居酒屋でアルバイトに入った初日、まず覚えなくてはいけないのがオーダーの取り方。全国チェーンのファミレスや居酒屋などでは、まだまだ旧型ハンディを使っていると思いますが、あれの操作を覚えるのはかなり苦労するんですよね。

ネット上でも新人アルバイトがハンディに苦労している相談が色々と寄せられています。

  • 居酒屋のバイト初日に行ってきましたが、ハンディの操作がどうしても上手くできません。お客様が注文を言うペースで打ち込むには慣れしかないのでしょうか…。
  • いざ注文をとりにいくと、どこに何があるか分からず頭が真っ白に…仕方がないので、手書きでオーダーを伺いあとから先輩に打ち込んでもらいました。
  • すべてのメニューすら覚えきれないのに、それがあの小さなボタンのどこに配置されているかを覚えるなんて無理すぎる!しばらく練習しなきゃ。
  • お客様が言ったメニュー名と、ボタンにかいてあるお店用の略称が違うので全く理解できない。正直オーダーをとりにいくのが憂鬱です。

これらの質問に対する回答は「慣れるまで頑張ってください!練習あるのみ!」というものばかり。

確かに操作に慣れれば手元を見ずにパパッと注文を飛ばす事ができるようになりますが…そのレベルに達するまでにどれだけの期間を要するのでしょうか?

その間は先輩のサポートが必要なため、2人雇用していても1人分以下の働きしかできませんから、非常に効率が悪いと思いませんか?

最近のPOSシステムは簡単に操作できるスマホタイプが主流

ハンディの使いづらさを解消すべく近年出てきているのが、スマートフォンやタブレットなどを用いたタッチパネル形式。ほとんどの若者はこういったデジタルデバイスを持っている時代ですから、操作に慣れるまでにかかる時間がかなり短縮できます。

実際、スマホタイプのオーダーエントリーシステムは、30分レクチャーするだけで、お客様の前に出て1人で注文を取りに行けるレベルなのだそう。

  • メニューが多くても、スクロール・タブで切り替え・名前検索などですぐ対応
  • メニュー名の文字数も旧型ハンディよりかなり長く入るので略称不要
  • ボタンのサイズは押しやすく大きめ
  • テーブル移動や在庫チェックなどもハンディを使いその場で対応
  • お客様の情報をメモに残して従業員同士で共有
  • お客様の属性などのデータは好きなタイミングで入力OK

ハンディも日々進化しているんですね!これを導入するだけで、オーダーエントリーシステムの効率化がかなり期待できると思います。

また、こういった最新式ハンディを採用しているPOSレジは他にも「レジ閉めが簡単」「売上・顧客の細かなデータ分析」「複数店舗のリアルタイム状況確認」「従業員のタイムカード・給与計算」「シフト作成補助」「従業員の横領防止機能」など、従業員・オーナーにとって便利な機能が満載!

旧式のハンディに不満が出ているならば、最新型POSレジの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

売上が右肩上がりに飲食店向けPOSレジ特集
売上が右肩上がりに飲食店別POSレジ特集