売上管理が簡単

飲食店経営は、お店で料理を振舞うだけではありません。営業後のレジ閉め、帳簿付けをして仕入れの準備…などなど、営業時間外でもやることはたくさんあります。日々帳簿をつける手間を省き、雑務を楽にしたいなら「POSレジ」を導入してみましょう。

POSレジ導入で売上管理がとっても簡単に!

例えば、お店の営業時間が夜10時だとしましょう。

最後のお客様を送り出し、まずは食器類や調理器具の片付け、店内清掃、ゴミの処理。売上の金額を計算しレジ内の金額と合致しているか確かめるレジ閉め作業をして、今日の売上詳細データを帳簿やExcelにまとめる。データの分析などは後回し、すぐ明日の仕込みに取り掛かる…。

閉店後も色々な雑務がありますね。スタッフが少ないお店だと分担作業をしてもかなり大変だと思います。正直、データを見ながら対策を考える時間はほとんど確保できていない方がほとんどでしょう。

中でも特に手間取るのが、レジ閉め作業と売上の管理ではないでしょうか。

全て手作業で行っている場合は以下のようなフローで作業を進めます。

  1. 一日の総売り上げを計算
  2. 売上金額から初めにレジに入れていた「つり銭」を引いた額を計算
  3. 間違いがなければ完了

手順にするとたった3工程ですが、全てのお金を誤算無く数えるのは意外と苦労します。

何度か数えなおすと金額がずれたりする経験、よくありますよね。銀行のように自動でお金を数えてくれる機械があれば良いのに…と何度思ったことか。

さらに、数えたからと言って終わりではありません。レジ作業をしているのは人間ですからお釣りを多く渡してしまった、少なく渡してしまったなどのミスが生じます。もしミスが頻発するようなら、誰がミスを多発させているのか、どんなタイミングで発生しているのかを突き止めねばなりません。

さらに、手作業で顧客分析用のデータ作成をしようと思ったらさぁ大変。何が何個売れたのかをExcelに入力し、その額がまた売上と合致しているのかを確かめ…考えるだけで頭が痛くなってくると思います。

地味に時間ばかりが経過してしまう作業を、なんとか楽に出来ないものか…?

そこで、POSレジを活用しましょう!

POSレジならば、お店の営業が終了した時点で「1日の総売り上げ」「現在レジに入っているべき金額」「各商品の売上個数」がデータとして蓄積されています。

そのため、手作業フローの1.2は省略でき、レジに残った金額とPOS上に表示された金額があっているかを確認するだけでOK。

自動釣銭機付きのPOSレジならば、金銭管理は全てマシンにお任せなので、何か事情があってドロワーを開くことが無い限り、ミスが出ることはほぼありません。

中でも飲食店向けに作られているPOSレジは、売上管理が簡単、かつ飲食店で起こりがちなミスをとことん減らせる仕組みが満載なのでおすすめです!

  • 未収会計が全て完了した段階で自動的にレジ閉めを実行しているので、定期的に売上データ・レジ内金額データを確認可能
  • レジ閉めのタイミングで過不足レポートを発行
  • 金額や個数の修正作業の内容、対応スタッフ名を記録し、不正を抑止(レジ本体、ハンディでの操作両方)

レジ締めを最後にまとめて行うと、どこで過不足が発生したのか全く見当がつかず何も対処できませんが、POSレジならばミスが起こった時間帯の特定が可能。

さらに、万が一従業員の不正だった場合でも犯人を見つけやすい仕組みが盛り込まれています。

人間が行うと間違いや不正が発生しやすいお金に関する作業は、ミスを可能な限り減らす事ができる機械に任せてしまうほうが迅速で正確ですね。

POSレジを導入すれば、今までお金を何回も数えなおしていた時間を、顧客分析や新メニュー開発、日々の疲れを癒す…など、有効に使う事ができますよ。

当サイトでは特に飲食店オーナー・スタッフにとって扱いやすいPOSレジを厳選し、ご紹介しています。機能や価格を見比べ、貴方のお店にぴったりの製品を導入して、辛い雑務から卒業しましょう!

売上が右肩上がりに飲食店向けPOSレジ特集
売上が右肩上がりに飲食店別POSレジ特集