HOME » 飲食店経営を成功に導くPOSレジ特集

飲食店経営を成功に導くPOSレジ特集

POSレジを導入したいけれど、大きくて高額なレジは導入するだけでも大変!ですが、現在はタブレットやスマホを活用してオーダー、売上管理、顧客分析が出来る低額POSも増えてきました。飲食店に導入しやすいPOSレジシステムを、タイプ別に比較しています。

今は小さなお店でもPOSレジを導入できる時代です!

ここでは、従来の大手POSレジ、ハンディの操作性に特化した飲食店向けPOSレジ、導入しやすいクラウド型POSレジをご紹介しています。

POSレジは飲食店のオーダー、円滑運営、売上管理の強い味方。ですが機械自体がかなり高額なこともあり、街の小さな飲食店では導入に踏み切ることは出来ませんでした。

しかし、様々な携帯端末が普及したことにより状況は一変。POSレジ機能はタブレットとスマートフォンを活用することで、誰でも導入できる手軽なものに変わってきています。

リアルタイムで現状の分析ができ、多店舗展開が可能。自分のお店に合わせて使いやすいように様々なカスタマイズも可能です。

価格は各店舗の環境やハンディの使用台数によって変動しますので、導入を検討している場合は各社に問い合わせをしてください。

No.1…飲食店向けのPOSレジなら「はんじょうPOSレジ」
(スカイダイニング)

ハンディの使いやすさを重視したPOSレジ。はんじょうPOSレジのハンディは5インチの大型液晶で見やすく、誤タッチの心配も軽減されています。データ管理はクラウドですが、本体機能はタブレットでも従来のPOSレジでも使うことができるためクラウド型とも一線を画したタイプです。

はんじょうPOSの商品画像
画像引用元:はんじょうPOSレジ公式サイト
(http://www.hanjou-posregi.com/product/specification.html)
公式ホームページで見てみる
メリット デメリット
  • 売上管理・分析機能が飲食店向けにカスタマイズ
  • 勤怠管理機能が充実
  • 周辺機器まで込みでの価格
  • iOS端末には対応不可
売上管理 売上分析
  • 未収会計の清算が完了した時点で常時レジ閉めを実行、最後も手元の残高チェックだけで完了
  • データはリアルタイムでデータセンターに集計
  • レジ閉め時に随時過不足レポート発行
  • 経営分析ツール内容
    曜日別/時間帯別/サービス券種別/メニュー別/売上速報/顧客情報の管理(来店日、来店回数、好み、DM配信等)/仕入れ金額管理(業者ごと)/スタッフ別
  • 情報は過去7年分までデータセンターに保存可能
使いやすさ 勤怠管理
  • ハンディはAndroid端末(iOSより安価)を利用、マニュアル不要の操作性
  • ハンディ液晶が5インチと大きく使いやすい
  • テーブル移動や同時提供などの設定がワンタッチ
  • メニュー検索、残数のリアルタイム反映が可能
  • ボタンを押すだけのタイムカード打刻(不正防止機能つき)機能
  • 交通費まで含めた給与計算がボタン1つで可能
  • 従業員別の売上など評価システムとしても活用可
多店舗での有用性 価格
  • 本社システムが売上データをリアルタイムで自動集配信
  • 店内状況はスマホ、タブレット、PCなど様々な端末で閲覧可能
  • 金額修正の回数を表示し不正を抑止
  • 勤怠時間の操作や商品数の不正操作もチェック可能
  • タブレットPC、ハンディ×3、会計プリンタ、キッチンプリンタ、ドロア、ルーター、タブレットスタンドがセット
    65万円
  • 追加ハンディ1台:35,000円
  • 追加プリンタ1台:59,000円
  • 24時間365日コールセンター、遠隔サポート、各種経営分析:月額10,000円
その他の主な機能
  • 10.1インチ液晶タッチパネル(タブレット)、5インチ液晶(ハンディ)で操作性を向上
  • 飲食店運営に特化したオールインワンのPOSシステムで、別途用意していた様々な管理ツール等は不要になる
  • ハンディ画面に顧客名を表示可能、親しみのある接客が可能に
  • 24時間365日対応のサポートセンターあり

No.2…大手POSレジなら「WILLPOS-Lite ST-C10」(東芝テック)

大手POSレジは従来型の大型機械が中心。飲食チェーン店などを中心に多くの店舗で導入実績があり、信頼できるブランド力や運用サポート等があります。自動釣銭機などを使えば金額ミスも出にくいので、複数の店舗をまとめて管理しているような場合にオススメです。

WILLPOS-Lite ST-C10の商品画像
画像引用元:東芝テック公式サイト
(https://www.toshibatec.co.jp/products/stc10.html)
公式ホームページで見てみる
メリット デメリット
  • 売上分析機能が豊富
  • 拡張性が高く、自分の店向けにアレンジが可能
  • 大手の信頼のブランド力
  • 大手だけに価格は高め
  • ハンディやドロワーなど周辺機器は別売り
売上管理 売上分析
  • 売上速報機能あり
  • 自動釣銭機残高点検、定時点検
  • 点検レポート内容
    取引別(日計・シフト)/商品関連分析(GP別、DP別、商品別、ABC分析、ベスト・ワースト)、時間帯別、監査・フリー集計/券種別/客組数別/扱者別/オーダー担当者別/フロア別/クレジット会社別/ディッシュアップ別
  • 99日分の点検レポートを保持、様々な指標で分析可能
  • 最大3,000日(約8年2ヶ月)分のジャーナルデータを保持
使いやすさ 勤怠管理
  • 前払い、後払いに対応
  • ポイントカード、販促レシートの自動発行などの機能もあり
  • セットメニューの登録可能
なし
多店舗での有用性 価格
  • 本社システムが売上データをリアルタイムで自動集配信
  • 本部システムが全てのPOSにオンライン接続可能
  • 各種設定やメッセージ連絡可能
  • 本体:要問合せ
  • ハンディ:要問合せ
  • ソフト:FSworksμ(市場価格98,000円)、FStation(価格不明)
  • その他、磁気カードリーダーや自動釣銭機など、オプション有り
その他の主な機能
  • レシートプリンタ一体型、小型客面表示、10.4インチ液晶タッチパネル
  • 静音設計&防滴性能
  • 壁掛け型としても使用可能

No.3…クラウド型のPOSレジなら「USEN Register」(USEN)

手持ちのipadやipod touchを使って(レンタルも可)POS機能を利用できるシステム。費用が安いために小さなお店でも導入しやすいタイプ。顧客管理までしっかりできないのは、料金的にしょうがないところ。

USEN Registerの商品画像
画像引用元:USEN公式サイト
(http://www.usen.com/uregi/#about)
公式ホームページで見てみる
メリット デメリット
  • USENの商品なので音楽放送とのセットあり
  • 機能的には大手には負けるが、コストは優秀
  • 周辺機器を買いそろえなくてはいけない
  • iOS端末以外は使用不可
  • 顧客管理機能まではない
売上管理 売上分析
  • リアルタイム売上集計
  • 売上集計管理機能内容
    実績自動集計(客単価別、客数別、前年対比)/デシル分析/ABC分析/予算実績比較
  • 伝票データは最大7年、伝票明細は最大2年保存可能
使いやすさ 勤怠管理
  • ipadならではのスマートなデザイン、マニュアル不要の操作性
  • 手持ちのiOS端末にインストールして使用することも可能
    ※クレジット決済とは連動せず
  • 勤怠管理機能有り(日別の人件費計算なども含む)
  • 各スタッフの日報機能あり
多店舗での有用性 価格
  • 複数店舗を一括管理できる
  • クラウド化されているのでどこからでも状況閲覧可能
  • 初期導入費:65,000円~
  • POSレジアプリ利用料:月額6,000円
  • ハンディー利用料(3台目まで):月額4,000円
  • USEN音楽放送とレジアプリパック:月額9,980円
    ※最低契約期間2年
その他の主な機能
  • ipad、ipod touchをハンディ端末として使用
  • 日本語、英語、中国語(簡体字)、ベトナム語に対応
  • 24時間365日対応のサポートセンター、全国148のサポート拠点あり
  • 予約台帳サービス、会計ソフトなども連携可能

POSレジは値段で決めずに機能をしっかり見て!

タブレットや携帯端末が活用できるようになり、様々なPOSレジアプリ・ソフトが出回るようになりました。中には無料で使えるものもあるなど、既にPOSレジの世界では価格競争が始まっている模様です。

ただし値段の安いPOSレジの場合、高度な分析や複数店舗運営ができなかったり、カスタマイズ機能が弱かったり、ユーザーサポートが不十分なケースが多々あります。

ただ単にレジ機能を導入したいだけならそれでも構いませんが、飲食店が売上を伸ばすためには単一店舗でも顧客分析は必須。

POSレジを導入するならば顧客分析までしっかり出来て初めて「機能している」といえるのではないでしょうか。

まず顧客分析が出来ることは前提として、あなたのお店にはそれ以外にどんな機能が必要になるのか、POSレジ導入前にまずはきちんと検討しましょう。

何が必要なのかわからない、という場合は、既に導入している人に聞いたり、飲食店向けセミナーや相談会に参加して意見を請うのもアリです。

事業を成功させるためのPOSレジ選びで失敗してしまっては元も子もありませんから、じっくり比較して「これだ!」と思う商品を見つけてください。

POSレジにできる機能一覧

POSレジを導入することで使うことができる機能をいくつか紹介します。

どれも経営者にとって、とても便利な機能ですので、検討の参考にしてください。