HOME » あなたの店を“売れる飲食店”にする13の方法 » POSを導入して顧客管理を徹底する

POSを導入して顧客管理を徹底する

飲食店で必ず発生する処理といえば、お会計。一般的なレジは会計と売上合算程度の機能しか持ちませんが、POSレジを導入するとお会計データに様々な情報を紐付け、売上分析や顧客管理が出来るようになります。機能面にどれぐらい差があるのか、比較してみてください。

レジ一つで飲食店の経営が変わる

あなたのお店ではどんなタイプのレジを使っていますか?個人店や昔ながらの店は、レシートに店名印字のない旧式のタイプでしょうか。

タッチキーで商品を入力できるレジ、オーダーエントリーシステムを導入しているお店ならば、ハンディの情報が入ってくるレジなどを使っているかと思います。

これらの通常レジは会計機能以外には1日の売上総括ができる程度。もし顧客分析や顧客管理をするならば、何か別の形式でデータを残さねばなりません。従来は、それが当たり前でした。

しかし、POSレジはオーダー内容に顧客情報が紐づいており、オンライン上に数年分のデータを蓄積しておくことができます

どんな客層が何をオーダーして幾ら支払ったか、というだけでなく、こういった特徴をもった来店3回目の常連客が何をオーダーした、というかなり細かい情報まで踏み込む事が出来るのです。

飲食店が繁盛するかどうかは、来てくれる顧客層の情報分析ができるかどうかにかかっています。POSレジを使った場合と通常レジを使った場合、どのように売上・顧客管理をするのか比較してみましょう。

  POSレジ 通常レジ
レジ閉め作業 ○ 常にレジ残額を把握でき、最後はお金を数えるだけ
→ POSレジの売上管理を詳しく
× 売上合算から初めに用意したお釣り額を引き、その額をレジ残額と比較して差異を検証
売上分析 ○ リアルタイムで様々な情報が紐づいた売上データが送られ、すぐ確認できる。商品別、曜日別、サービス券別など細かい指定も可能。ABC分析など手間の掛かる分析も一発。
→ POSレジの売上分析を詳しく
× 旧式の場合は、手作業でメモを残す必要アリ。
△ レジのオンライン接続ができる場合、データを集計するサービスを提供しているレジも存在するが、集計速度はやや遅い。
 
顧客管理 ○ 特定の顧客データを売上内容に紐付け履歴が見られる。 プロフィール等かなり細かい情報も入力でき、従業員全体で共有可能。また、来店がしばらくない顧客にメールマガジンを発行するなどのマーケティング機能も備わっている × お会計情報と顧客情報は全くの別物。ポイントカードの情報等も連携できない。
従業員関連 ○ タイムカード機能や人事評価、給与計算、シフト作成、不正防止など様々な機能が備わっている
→ 従業員の人的生産性勤怠管理不正防止を詳しく
△ 担当者別売上集計ができるレジもあるが、付随機能はない
導入費用 △ 大手は数百万単位~。タブレットやスマホを活用するものは0円から利用できるものもある(ただし筐体を準備するのに費用がかかる) ○ レジ単体なら数万円あれば導入できる

POSレジは通常レジに比べて売上管理分析・顧客管理・従業員の管理面でも勝っている事が明らかかと思います。

1点負けている事があるとすれば、価格。多機能な分、価格はどうしても高くなってしまう傾向が否めません。その点、通常レジは新品でもさほど高くなく、中古なら激安で手に入るでしょう。

ですが、元飲食店コンサルタントとして「開店してすぐは資金難もあるので通常レジにして、あとからPOSに…」なんて提案は絶対にできません!

なぜなら、先ほども述べましたが「飲食店の繁盛は顧客分析が命」

初めの段階できちんと顧客分析できているお店はどんどん売上を伸ばしていきますし、ここをおろそかにしたお店は経営に苦しむのを何度も目の当たりにしてきました。

POSレジは貴方のお店の雑務を減らし、売上UPを協力にバックアップしてくれる飲食店の強い味方。

これから新しく飲食店をオープンする方も、ずっと通常レジで頑張っている方も、POSレジの有用性を理解した上で導入を検討して欲しいんです。

最近は導入費用も安くなってきており、小さなお店にこそPOSを置くのが主流になりつつありますよ!

数々の飲食店が売上を伸ばしてきたPOSレジはこれ!

 

売上が右肩上がりに飲食店向けPOSレジ特集
売上が右肩上がりに飲食店別POSレジ特集