HOME » あなたの店を“売れる飲食店”にする13の方法 » 【売れる店になったら…】飲食店の多店舗展開

【売れる店になったら…】飲食店の多店舗展開

お店の運営が軌道に乗り、売上げも好調!となると、次は店舗数の拡大に目を向ける方は多いです。しかし、多店舗展開に失敗して事業自体を閉めることなった…なんてケースも。多店舗展開で成功するためにはどのように店舗運営をしたらよいのでしょうか?

成功の鍵は「各店舗に自分の分身を作る」こと

飲食店を経営する際は、まずは自身の力で利益を出し続けることが当面の目標。これが順調にこなせるようになってきた頃、より多くの人に料理を味わって欲しい、別の地域でもチャレンジしてみたい、という考えが生まれ、多店舗展開に目を向けるようになります。

店舗を複数抱えることで、「店舗の認知度向上」「大量仕入れによるコストダウン」が見込めます。

また、スタッフが店長やスーパーバイザーを目指して努力する「キャリアパスの形成」、店舗同士で競争することで「スタッフのモチベーションアップ・サービス向上」など、スタッフの意識改革もできます。

業績の良い店と悪い店を比べることで「問題点をすぐに見つける」ことに繋げることもでき、多店舗化することで様々なメリットを享受できるのです。

多店舗化に失敗したお店の要因は?

これだけ経営面での様々なメリットがあるにも関わらず、多店舗展開で失敗する飲食店オーナーは後を絶ちません。

① 現店舗が何故成功しているのか分析が足りなかった場合

商品サービス、接客態度、ターゲット層との合致、店舗のコンセプト、立地、販売価格…などなど、あなたのお店は何故成功したのかをきちんと理解しておかない と、成功要因が欠如した店舗を作ってしまい赤字になります。

まずは自身のお店の成功要因をきちんと分析した上で、多店舗展開について考えていきましょう。

② 多店舗化での売上見積もりを楽観視しすぎた場合

多店舗化すれば、全ての店舗から同じぐらいの売上が期待できると単純に考えているオーナーは意外と多いです。

しかしそう簡単にはいかないのが店舗経営。①でも述べたように、店舗ごとに立地・ターゲット層が異なってくるので、同じやり方でも上手くいく店舗とそうでない店舗が出てきます。

これを放置してしまい、売上不足に気付くのが遅れてしまうと失敗へと繋がります。

店舗がきちんと回っているか、リアルタイムで確認したいならば「POSレジ」の導入がおすすめ。オンラインで常に全店舗の売上動向を把握できるので、細かなマネージメントが可能です。

気になる事があったらオーナー自身がすぐその店舗に出向くようにすれば、細かな軌道修正を常に加えながら複数の店舗を維持できますよ。

③人材育成や監視が不十分だった場合

多店舗を運営するということは、当然ですが全ての店舗をオーナーが常に見張れるわけではありませんね。

そのため、オーナーが居ない間にお店を任されたスタッフが自分流にお店を変えてしまったり、オーナーの意向に反したことをする可能性もあります。

店舗運営の方向性をきちんと伝え切れていない&同じ目標を目指せていない状態でスタッフにお店を預けてしまったがために、失敗してしまうのだそうです。

まずは、新しい店舗を任せる人材に、オーナーの思いをきちんと伝えたうえで、サービスやスタッフ教育を意向に沿って実行してくれる「自分の分身」の育成を目指しましょう。オーナーが現場に居なくても、いつもと同じレベルでお店を回せる状態になっていることが最低条件です。

多店舗経営は飲食店オーナーの夢ですが、単一店舗経営とは全く違うノウハウやスタッフ育成が必要となるため、かなりハードルが高いもの。

本気で多店舗経営を検討しているならば、既に成功している人にノウハウを聞いたり、セミナーに参加して知識をつけることをオススメします。

売上が右肩上がりに飲食店向けPOSレジ特集
売上が右肩上がりに飲食店別POSレジ特集