焼き肉

焼肉店が現状より売上を伸ばしていくために「値上げ」「顧客分析」が有効!また、取り扱う肉の部位を増やしたりきちんと宣伝も行いましょう。そして提供スピードも大切ですから、ホール・キッチンのスタッフがテキパキ動ける仕組みづくりをしていきましょう。

焼肉店オーナーが抱える店舗経営の困りごと

そもそもお客様が少ない

新規顧客獲得の前にリピーター対策から始めましょう。先にこちらに手を売っておかないと、結局新規顧客が根付かず、ずっと莫大な広告宣伝費をかけることになります。

まずは当たり前のことをきちんと振り返ることから。気持ちの良い接客、キレイな店内、美味しい料理がきちんと提供できていますか?また、お客様への配慮はきちんとできていますか?

女性に配慮して紙エプロンを準備したり、お手洗いに脂取り紙を置く。適当なタイミングで網の交換を申し出る。煙やニオイへの配慮。自分が他店で焼肉を食べた際、清潔感やスタッフ対応が気になるなぁと思うことは、出来る限り実行していきましょう。

これだけでもリピートしてくれる可能性は高くなります。その後は、お客様の連絡先を取得し、様々なアプローチをかけていきましょう。

メルマガ・LINEで情報を配信したり、Facebookページに良いね!してもらうのが近年の集客スタイル。焼肉店は客単価が高いので、定期的にイベントや割引の告知をしても問題ないと思いますので、積極的に宣伝していきましょう。

お店のことを知ってもらう

お客様は来るが、売上が伸びない

まずはあなたのお店に来るお客様の年齢層をきちんとチェックしましょう。人間、年を取れば取るほどサシの入った赤身が苦手になり、ホルモンが食べたくなるそうなので、一番多い年齢層にあわせてメニュー構成を見直しましょう。

また、女性が多い場合は野菜類のヘルシーなサイドメニューを増やしたり、希少部位を取り扱ってみると売上が上がると思います(沢山食べられない&話題性があるため)。

激安を売りにしていない限り、焼肉店が値上げしてもお客様の減少に大打撃を与えることはありません。

元々一般層は「焼肉=高いもの」という認識がついていますし、「値段が上がった=良い肉になった」という風にメリットとして取ってもらえる可能性もあるのです。

全メニューで値上げするとお客様が離れる可能性があるので、注文の多いメニューを中心に値上げし、あまり出ないメニューの値段を下げて平均を取っている風に見せると不満感は拭えます。

ターゲットと商品と競合を知る

繁忙時にスタッフがうまく回っていない

これは食べ放題メニューを用意しているお店に多いのですが、注文してもなかなか肉が運ばれてこない。焼肉店で提供するのは「生肉」ですから、お客様は「調理するわけでもないのに何でこんなに遅いんだ!」と思ってしまうわけです。

そこで是非採用して欲しいのが、POSレジです。ホールスタッフの端末から注文を転送すると、キッチンに即情報が届きます。複数オーダーされたメニューをまとめて準備したり、オーダー漏れなどもしっかり確認できるので、スタッフはキビキビと動けるようになります。注文から提供までの時間も確認できますので、目標タイムを作っても良いでしょう。

さらにPOSでは注文データを細かく分析する事も可能。平日・土日でそれぞれ傾向を分析し、オーダーが多いと予想されるメニューは事前に早く出せるよう下準備をしっかりしておくことで、さらにスムーズにお店を回す事ができるでしょう。

POSを導入して顧客管理を徹底する

POSレジを導入した焼肉店の声

  • 学生バイトは従来の手書きオーダーより飲み込みが早くなり、すぐホールで活躍できるようになりますね。記入漏れがなくなり、店内オペレーションの効率も飛躍的に上がりました。うちはiphoneで出来るアプリタイプですが、お客様もiphoneでのオーダーに興味があるようで店員と笑顔で話す機会が増えたように思います。
  • 個室が多い店内ですが、大人数でテーブルが分かれてしまった場合でも一括会計が出来るのが便利。各テーブルのオーダー状況や経過時間も画面1つで把握できるので、タイミングに合わせた決め細やかなサービスができるようになり、サービス品質が格段にアップしています。
売上が右肩上がりに飲食店向けPOSレジ特集
売上が右肩上がりに飲食店別POSレジ特集