レストラン

レストランに限らず、近年の飲食店運営において非常に大きなウェイトを占めているのが「口コミ」。様々なソーシャルメディアで取り上げられたお店はお客様が増え繁盛店への階段を駆け上がります。口コミの増やし方、お客が増えても慌てない運営方法をお教えします。

レストランオーナーから良く相談されるお悩み

宣伝してもお客様が増えない

昔は「広告で興味を持たせて、来店欲求を高める」のが集客のセオリーでした。ですが現在は「興味を持たせネットで検索し、評価を見てから来店する」という風に変わってきました。

そのため、紙媒体の広告や外看板での集客だけでは不十分なのです。

まずはレストランを食べログなどのグルメサイトに登録し、お店の宣伝と美味しそうな料理写真を数枚掲載します。あとは常連さんに「食べログへの評価記入」をお願いしておけば下準備OK。

会員ならば誰でも書き込めるので、時にはマイナス評価がつくかもしれません。ですが、マイナスがついた点をスタッフできちんと見直し、コメントに謝罪文を掲載するだけで印象UPします。

また、思わず写真に取りたくなるような盛り付け(お洒落、可愛い、豪快、インパクト大など)にしたり、内装や看板を特徴的にすることでお客様がどんどん写真をTwitterやInstagramなどのソーシャルメディアにアップし、拡散されていきます。

それを見た人が「行ってみよう!」と思い、どんどん来店者数が増え、売上が上がっていきます。これが、現代の口コミスタイルです。

昔とは宣伝方法が違うことを理解し、ネットメディアを使いこなすことで集客を成功させましょう。

お店のことを知ってもらう

売上がイマイチ伸び悩んでいる

あなたのお店で一番売れている商品は何ですか?ちなみに、売れている時間帯、曜日はきちんと把握していますか?

売上を上げるには色々な方法がありますが「売れている商品を売れている時間にしっかり販促すること」が鉄則だと思います。

そのためにはまず商品の分析をきちんと行いましょう。統計を手作業で取るのは非常に手間がかかり面倒ですし、複数店舗経営している場合には他店の状況を逐一報告してもらうわけにもいきません。

そんな場合にはオンラインで売上データを連動させられるPOSレジの導入をオススメします。

これがあると、今何が売れているのか、売上・粗利がいくらかをリアルタイムで掴む事ができます。「今日はいつもと傾向が違う」という売上の変化にもすぐ気付いてテコ入れができるので、先手先手で施策を打っていけるのです。

ターゲットと商品と競合を知る

POSレジを導入してお店が軌道に乗ったオーナーの声

  • 少人数のスタッフでも効率的に店舗を回せる機能がたくさんあるので、少数精鋭でお店をテキパキと回すことが出来るようになりました。滞在時間でテーブルの色が変わったり、使っている金額がパッとわかるので「ちょっと追加メニューの声をかけよう」などの客単価UP施策もとりやすくなり、売上も好調です。【ピザ・ケーキ店】

  • 新人でも操作が簡単で、すぐに会計を任せられます。トレーニング期間が短縮、研修時給期間も短縮されるので先輩後輩スタッフどちらにも好評です。各スタッフの端末はスマートフォンタイプ、メインのレジ機能もタブレットなので、見た目のスリムさも気に入っています。準備期間も比較的短くて済みました。【ダイニングレストラン】

そろそろ2店舗目、3店舗目を展開したい

お店が軌道に乗ってきたときに考えるのが、多店舗展開。お店が増えれば売上も知名度も上がりますし、材料をまとめて仕入れられる分コストダウンも見込めます。しかし、オーナーの目が充分に行き渡らなかったり、1店舗目との条件の違いをきちんと把握していなかった場合は失敗するケースが多いです。

まずは、なぜ1店舗目が成功したのかをしっかりと分析。できれば次の店舗は同じような客層が集まる街に作りましょう。そして、スタッフ教育の徹底。自分がいなくても自分と同じ目標を掲げて運営を任せられる責任者を育成したのち、接客・運営をマニュアル化しておくのが良いでしょう。

人材の確保・育成には時間がかかります。機械操作や些細な作業の習得に手間取るあまり、お店の方針や接客スタイルの教育がおろそかになってしまうとスタッフにオーナーの意思が伝わりません。

思わぬ接客の失敗→顧客喪失に繋がる可能性がありますので、煩雑な作業はなるべく簡素化し、覚えることを減らしましょう。オーダー、レジ打ちで躓くアルバイトスタッフが多いなら、視覚的に操作できるPOSレジを導入しても良いでしょう。

飲食店の多店舗展開

売上が右肩上がりに飲食店向けPOSレジ特集
売上が右肩上がりに飲食店別POSレジ特集