HOME » 種類別に見る飲食店の売上を上げるには

種類別に見る飲食店の売上を上げるには

レストラン、居酒屋、カフェなど、飲食店には様々な種類があり、回転率や客単価、どこで利益を出すのか…など、経営手法はバラバラ。店舗を軌道に乗せるには一般的な飲食店の経営論だけでなく、その業態で売上を上げるにはどうするかをきちんと考えねばなりません。

飲食店経営者が困っている経営上の悩みを解決!

多くの飲食店経営者が頭を悩ませているのが「売上が上がらない」「お客様が増えない」という2点。

これはどの飲食店にも共通するお悩みだと思いますが、お客様がのんびり寛ぐ空間を提供するカフェと、サッと食事を済ませて去るラーメン屋では取るべき施策が異なるのは明らかですね。

業態ごとにどんな工夫・対策が必要なのかをきちんと把握して、それに見合った対策をしていかないと経営は暗礁に乗り上げてしまいます。

ここではそれぞれ商売の仕方が異なる飲食店について、経営者からよく寄せられるお悩みの解決方法をご紹介しています。

お店の運営スタイルや立地、顧客層などはそれぞれ異なりますので、完全に鵜呑みにするのではなく自分のお店流にカスタマイズして考えてください。

また、どんな種類の店舗でも売上を上げるには欠かせない共通施策もあります。それが「顧客分析」

自分のお店に来てくれるお客様の性別、年齢、職業、時間帯…などをしっかり見極めていくことで、どういった方向性のメニューを多めに用意したら良いか、何時ごろに販促を仕掛けるべきかがわかります。

きちんと日々のデータを蓄積していくことで、ただ毎日「今月もギリギリでどうしよう…」と頭を悩ませるだけでなく、具体的な行動に落とし込めるようになります。

顧客分析については「飲食店専門コンサルタント」という職業も存在していますし、経営者向けのセミナーも各地で開催されています。

プロの手を借りずとも、書籍を読んだりネット検索でも有益な情報を得られますね。顧客の情報を分析するのに便利なPOSレジもずいぶんと普及しました。

昔は大きな据え置き型が主流でしたが、現在はタブレットやスマホで管理ができるため導入費用も非常に安くなっています。

飲食店が売上を上げるには「味が命!」なのは勿論ですが、現代社会はそれと同時に「顧客分析」「情報発信」も経営に大切な要素になっています。あなたのお店が繁盛するために足りていないものは何なのか、しっかりと把握して改善していきましょう。

売上が右肩上がりに飲食店向けPOSレジ特集
売上が右肩上がりに飲食店別POSレジ特集